今日のごはん

親は旅行に
私は久々に家でのんびりできる週末。

ということで、思う存分ご飯つくれます。


◇今日のお昼◇

c0164015_23184252.jpg


あっちゃんに教えてもらったレシピのビビンパと
なすの塩炒め

図らずも中華なランチになりました。

あー、フードプロセッサーってほんとに便利ねー



◇今日の夕飯◇

c0164015_23181876.jpg


冷汁


こちらのレシピを参考にしました。
私は鯵の干物を使って、あとはみょうがも投入。


暑い日には最高。


明日は、片づけ祭と
スティールパン練習と
お弁当の仕込み
を目標にしよう。

[PR]
# by small_artisan | 2011-08-13 23:27 | Cooking

韓国でマッサージ

韓国行く前から、あんなに行く気満々だったのに、
すっかり、マッサージのことを書き忘れていました。

日本から予約していったのはここ。
長今マッサージ

名前からわかる通り、オーナーの方が、大長今(チャングムの誓い)が好きなようです。
私もこれ見て、更に東洋医学に興味出たなぁ

朝一で行ったので、他のお客さんもほとんどおらず、ゆったり受けてきました。
日本語も通じるので、ひとりでも安心です。


私はさわやか全身経絡コースと、フェイシャルの長今コースのたっぷり2時間半コース。
ほんとに極楽でした~
私は、アロマや指圧などでも痛いと思うことが少なくないんですが(鍼をやってもらって
思ったのは、おそらく身体が相当病んでるようです。あまり自覚はないのですが)、
全然痛くなかったです。
施術してくれたお姉さんは、日本語があまりわからないようでしたが、
時々「痛い?」と気を使ってくれていました。

フェイシャルは今までやったことがなかったので、初挑戦。
気持ち良すぎて、気づいたら寝てました・・


また、行っちゃうかも。



韓国旅行の際は、コネストのチェック、必須です。
マッサージに限らずなんでも、お得なクーポンや割引などがあります。


あ、長今マッサージはお店のある4階まで階段しかないので、
頑張って上ってください。

場所は明洞で、とてもわかりやすい場所にあります。

[PR]
# by small_artisan | 2011-08-13 10:54 | Trip

韓国その後

書きたいと思いつつ、なかなか時間がとれませんでした。

韓国旅行、続きです。


今回の旅は、観光はおまけのようなもの&ソウルは2回目ということで、
あまり色々なところへは行きませんでした。

しかし訪韓前から行こうと決めていた、明洞のビエンナメガネに行ってきました。
ここは全て日本語でOKの、ありがたい眼鏡屋さん。
朝一で伺い、好みのフレームを決めます。
すごく決めかねました。店員さんが似合いそうなものを色々出してくれる、
と聞いてましたが、私の担当のアジョシは朝一でやる気がでないのか、
はたまた2日酔いなのか、あまりやる気のない様子・・
質問とかすると答えてくれるのだけど。。

結局、自分の好み&友達Kの意見&昔見てもらったカラーコンサルのアドバイスを元に
やっと選び、次に検眼。
フレームが決まった後は、あっという間に決まってしまいました。

私はブランドものには興味なかったので、フレームは安いタイプのものを
選びましたが、レンズは曇りにくいものにしました。

ストレスフリーとまではいきませんが、かなりストレス減です。
原発事故以来、外ではマスクの時が多いので、特に寒い時など曇りやすかったのですが、
本当に曇りにくくなりました。
曇っても、すぐ視界がクリアになります。

レンズは曇りにくいものの中で一番薄くて、高いものにして、
合計9,132円でした。


そうそう、クーポン持って行ったので、20%の割引価格。
お土産に韓国海苔もいただきましたが、結構入っていて驚きました。
友達へのお土産にもちょうど良いです。


あとは、その近辺のコスメショップをはしごして、
お土産のシートパックを買ったり…




あと、ホボントーストにも行きました。
ソウルに何箇所かあるようです。
もはや何を頼んだのか憶えていませんが、割とスタンダードのものだった気が…


c0164015_23464450.jpg


c0164015_2347217.jpg


韓国はカフェなどでも、持ち込みで食べ物食べても大丈夫なところが多いんで、
この時も占いカフェ、エロス(すごい名前ですが、エロさは全くありません)で、
ジュースを飲みつついただきました。

c0164015_23473159.jpg


美味しかったけど、ちょっとタレが甘かったかな。
ここは、生ジュースもあるそうなので、今後行ったら頼んでみよう。

エロスはお嬢様学校の梨大の近くなので、女子大生らしき子たちが
たくさん占ってもらってました。

数えで24歳までは5000Wなので、女子大生たちは400円ぐらいと
とっても行きやすいお値段。

なぜうちらは高いのかと、Lお姉さんが若干怒ってました。
まー、それでも15000Wだからいいじゃん。

四柱推命なんですが、私たち担当は
ブラックなユーモアをお持ちの男性の先生(ペラペラじゃないけど、日本語OK)。

私は何を言われたのかあまり憶えていませんが、
「あなたは晩婚ね」と言われた後、Lさんと韓国語で何か話している。
それはもうわかってます、と言うと、
「まさに今それを言っていた」とLさん。
20代半ばでできちゃった結婚する可能性が高かったのに、どうしてだろ?と先生。
そんなの知るかー

あと、好奇心旺盛というのは当たってるな、と思いました。
飽きっぽいともいう?



Lさんは、最初隠したがって、韓国語で話してましたが、
「ナムジャ オプソヨ」と言われてたのを、私は聞き逃しませんでした。
やっぱり、Lさんは結婚しない方が良いみたいなことを言われてたらしいです。。
でも金運はいいらしい。



エロスの帰り、ロッテマートへお土産買いに。
その前の広場ではデモしてました。

c0164015_23485712.jpg


歌とか太鼓とかで賑やかでした。
どうやら、町を綺麗にするために屋台をなくす方向にいっているらしいのですが、
それを反対する屋台の皆さんたちらしいです。
韓国から屋台なくなったら、さみしいなぁ。
絶対あったほうがいいのに。



そしてまた明洞に戻り、焼き肉屋さんへ。
普段は食べに行くことはほぼないですが、韓国来たからには一度ぐらい。
お嬢さんのLさんは、ソウル市民のくせに明洞をほとんど知らない。
なので、ガイドブックを見て、適当に入りました。

悪くないけど、前回W(今回の新郎です)が連れてってくれた
ところの方が好みです。。
それにしても、韓国料理屋さんはこんなに(↓お肉の左側の白い小皿たち)出てくる
日本でいう突き出しみたいなのはフリーで
お代わりもできるんですよね。


c0164015_23533929.jpg



チープコスメショップでも、サンプルを沢山くれたりして
(くれないところは、人がほとんどいませんでした…)、
ほんと太っ腹だなと思います。



唐突に、ここで明洞で出会ったものたち。。


なんかかわいいなと思ったポスト。

c0164015_23495336.jpg



楳図かずおもびっくりな銅像(?)

c0164015_2350173.jpg



最後にジャンキーなものを買ってみました。

バナナ(風味)牛乳。
パッケージがかわいい。

c0164015_23503834.jpg



帰りの機内食@大韓航空。

c0164015_23505824.jpg



もっと野菜をください。

[PR]
# by small_artisan | 2011-08-06 23:56 | Trip

韓国でウエディング

今回のソウル行きの一番の目的は、友人Nの結婚式。
10年越しの遠距離恋愛を経ての結婚。
私も8年ほど前から何度か彼にも会っているので、やっとの結婚に感慨ひとしお。

韓国ウエディングに参列できる機会はなかなかないと思うので、
思い出がてらちょっと詳しく書いてみよう。


夕方4時前頃に結婚式場に到着。すごい。花輪が並んでる。

c0164015_20233095.jpg


韓国の一般的な結婚式は、まず新婦控え室にいる花嫁さんにお祝いを言いに行くとのこと。
私と友人Kで行くと、プロのカメラマンの方が沢山写真を撮ってくれました。


王室好きなミーハー(笑)N。
ドレスは、ケイトさんのドレスを参考に、あちらの方が縫ってくれたそうです。
胸元から腕は総レース。
とっても綺麗でした~

c0164015_20314720.jpg


事前にN情報で、普段着に近い格好の人も沢山いると聞いてたんだけど、
流石に新郎友人の男性たちは、大抵スーツ姿だった気がします。

Nの友人は私たちも含め、ほとんど日本から10人ほど来ていましたが、
皆Nからこのことを聞いていたのもあり、ちょっとお洒落な洋服程度でした。

新郎親族の女性のおばさま方はチマチョゴリ姿でしたが、
諸に普段着の肩出し短パン、サンダル姿のヤンママもいて、ちょっとびっくり。
この人のお母さんはチマチョゴリだったのですが、親的にはOKだったのでしょうか?
あと親戚の女の子たちもわりと普段の洋服で、
女子はやはり日本人の方がそれなりにおめかししてたと思います。
なので、日本みたいにゲストが何万円もするドレスを着て、髪をセットしてもらいに美容院に行くというのは、一般的には韓国ではありえないですね。


そして、17時からは結婚式。
式場の中の1フロアが教会のようになっています。


こちらはリハーサルの様子。
(リハーサルまで見ちゃっていいの…?)

c0164015_20334246.jpg



一応、新郎新婦は招待状なるものを出すそうですが、招待状もらった人が他の人を連れてきたり、
勝手に来たりと、かなりフランクだそう。

教会ではないので、日本でいう牧師役の人は、新郎がお世話になった上司らしい。
これも韓国では普通だそうです。

ちなみに、こちらのリングピロー。
私が作らせていただきました。

c0164015_20255150.jpg


はじめて作りましたよ。
中に綿がパンパンに入っているので、途中でリングを置くパール部分が
弾け飛んだらどうしよう、と気が気じゃありませんでした。(裁縫道具を持っていった)


最後の方に、新婦のオンニ(姉)によるアベ・マリアの独唱があったのですが、
とても良かった~
実はNのお姉ちゃんは、プロのオペラ歌手。
Nのお母さんが泣いてるのを見て、泣きそうになるお姉ちゃん。
そんな2人を見て、泣きそうになる私・・・
ピアノ伴奏は新郎の従姉妹でした。

他に、男女4人による合唱もありました。なかなか良かった。

式が終わると、そこでまず、親戚一同による記念写真。
その後は友人一同。

そして、ブーケトス。
ブーケは新郎新婦が出会うきっかけとなったEちゃんのところへ綺麗に飛んでいきました。
(1回目はホームランのため、仕切り直しで)
すばらしい。

新郎新婦とEちゃん、そしてバックに友人たち、という図で記念撮影がありましたが、
韓国男子&女子は手でハートを作ってました。
とことんカジュアル♪



その後は、違うフロアの披露宴会場?へ。

実は、韓国には普通は披露宴というものがないらしいです。
皆、式の後に会場へ行き、受付でご祝儀を渡したときに受け取った食事券を出して、
各自で自由にブッフェを食べて、勝手に解散だそうです。
何人来るかわからないから、ブッフェなのでしょうか・・・?
式を見ないで(=新郎新婦にも会わないで)、食事だけして帰るつわものも結構いるそうですよ。

ちなみに、ご祝儀も日本とはかなり違っていて・・
かなり仲のいい友達でも5万ウォン(今だと約4,000円)、
普通の知り合いだと3万ウォン(約2,400円)ぐらいらしいです。
韓国ではとにかく気軽に結婚式に出るみたいなので、このぐらいだと
行きやすいかもしれないですね。


追記:後日、Nから聞いたところによると、あちらの方でも中には30万ウォン(約24,000円)
入れていた人もいたそうです。
懐具合によって、色々なのかもしれません。

ちなみに、コネストのサイトに、韓国の結婚式について詳しく書かれていました。

その記事によると、なんと韓国ではブーケトスでブーケを受け取った人は、
「6ヶ月以内に結婚しないと一生結婚できない」と言われているそうです!
Eちゃん、がんばって~!!



さて。披露宴ですが、今回は国際結婚ということもあるのか、今回は日本風にしてくれました。
しかし、やっぱりカジュアルで、席に着いた人から、順次自由に食べまくっていました。
そうしないと、どんどん料理が運ばれてきちゃうので・・

新婦友人の席がちゃんと設けられてたのに(日本人で言葉も通じないため)、
皆さんお構いなしで座っちゃってるので、席がなかった私たちは、
新婦家族席へ。 アバウトすぎる。。

c0164015_20421044.jpg


スピーチとか堅苦しいものもあまりありませんでしたが、
ふたりの10年間の軌跡の映像が流されました。これ、とても良かった!
写真がどれもいいんだ。

実は、新郎はプロのカメラマン。
韓国に遊びに行った8年前、
私もチョゴリなどを着て、スタジオで沢山写真を撮ってもらった。
で、写真をもらうとき。
彼が真顔で「○○(私)の悪いところ、全部直しといたから」と、フォトショップで
修正された写真を渡され、首を絞めてやろうかと思ったことがあります(笑)。
(Kも経験済み・・・)
そんな彼らの写真なので、どこまで本当かわかりませんが(うそうそ。笑)
それにしても、整形が普通の(親が子どもにプレゼントしたりする)韓国なので、
写真の修正などごく普通のことなのかもしれません。


そして、新郎弟による歌。
うまかったよ。弟くん。
ほとんど「サランヘ~♪」という言葉しかわかりませんでしたが、
なんか泣けました。
歌の前のスピーチも、「ずっと3人家族でしたが、今日から4人になりました。」って。
言葉はわからないけど、すごくいい弟だなぁとこの日を通して思いました。
常ににこにこしてるし。


追記:Nに何の歌かおしえてもらいました。

ホ・ガク 「いつも」



確かに、「いつも」とか言ってたわ。あと「ありがとう」とか。
文章でわからないのが、悲しいところですが・・

訳付きブログも見せてもらったけど、超ストレートでスイートな歌だったのね。
これ、訳わかってたら、赤面してたかも。。
弟くん、やっぱすごいわ。



ちなみに、ポイントポイントで、韓国で数年ぶりに会ったLさんが通訳してくれました。
私たちが学生時代にお世話になったアルバイト先の社員さんで、
韓国語も日本語も母国語のように操れます。
韓国の家でも、みんな韓国人なのに日本語で喋ったりしてるそう。スゴイなぁ
ソウルに戻っていたLさんは、この日、Nの家族やなんやかんやの通訳で大活躍でした。
オツカレサマデシタ。


さて、急いでコーヒーを飲んで、再度移動。

今度はまた違う階で、伝統的な結婚の儀式、ペベクが行われます。
本来は、新郎家族と花嫁だけでやる儀式で、ゲストがブッフェを食べている間に
執り行われるらしいですが、私たち日本人のために、特別に見せていただきました~
チョンマル カムサハムニダ~


こんなところでやります。

c0164015_22243851.jpg



韓服いいよね~
でも、やっぱりほっぺの赤マルにはちょっと笑えたよ。

c0164015_22324826.jpg



なるべくカメラマンの人の邪魔にならないように、後ろの方へ(時々前に出ちゃったけど)。
新郎ママがナツメを投げて、新郎新婦が布でキャッチしたりしてました。
沢山布に落ちると、子沢山になるそうです。

あとは、新郎が新婦をおぶって、部屋を一周したり。
これは、一生面倒を見ます、という意味があるらしい。


この儀式の途中、出番でないときに、新郎ママが新婦ママにお話をしてました。
「Nをもらっちゃって、寂しくないですか? Nは本当にいい子で大好きなので、可愛がりますので」
(訳Lさん)
うー、私が泣けました。
本当、こんないい家族のところへ嫁にいけて良かったよね。
この日は、おしとやかな可愛い新郎ママだったけど、普段はけっこうファンキーママらしいし・・(笑。


これにて、結婚式は終了。

その後行きたい人は2次会へ。
きちんと決まっていたわけではなく、新郎の会社の子たちが近くで飲み会をするというので、
私たちも少し参加。

店は普通の飲み屋さん(半分ぐらい貸切)でしたが、生卵やら強いお酒やら、
バナナやら出てきて、会社の若い子たちに卑猥なことをさせられてました。。
8年前にソウルで一緒にカラオケ行ったり、バーに行ったりと遊んでもらった
新郎親友にも久方ぶりに再会しましたが、
その彼に、これ韓国では結婚式の後やるものなのかと訊いてみると、
彼曰く「very old fashion」とのこと。


私にとって、初めての海外ウエディングだったので、
とてもいい経験になりました。

韓国人Lさんも、今日の式はとてもいい雰囲気だった、と言ってました。
私も外国人ながら、あまりアウェイな気分になることもなく、
アットホームな雰囲気で楽しみました。

고마워、N&W!
정말 축하합니다 ~!!

[PR]
# by small_artisan | 2011-06-28 22:50 | Trip


小さな喜びが、今日、明日と静かに続いていく生活をめざして…


by small_artisan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
Life
Diary
Permaculture
Farm work / Plant
Sewing
Peace
Art&Music
Book
Cooking
Food&Drink
Spirit&Mind
Trip
Others
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

お気に入りブログ

Benvenuti 2
小さな家と日々のメモ
future tripp...

LINK

検索

タグ

人気ジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧